GNDプレーン上を走る平行線路のクロストーク係数の計算

[] [] []


信号線の間隔とクロストークの大きさの関係を定量的に見るために、具体的に計算できる例として差動インピーダンスの章で使ったGNDレーン上に平行線路が走っている例を考える

この例では、クロストーク係数ξは物理定数には無関係で、伝送線路断面の形状(信号線の間隔sGNDプレーンからの高さh)だけに依存し次式で表せた。(→GNDプレーン上を走る平行線路の差動インピーダンスの計算

すなわち

 信号-GNDhに比べて信号線間の距離sが大きくなるほど、クロストーク係数は小さくなる

hが信号線の半径a4倍の場合、クロストーク係数は0.2から0.5ぐらいの値になっている。


[] [] []