平行線長とクロストーク

[] [] []


クロストークの防止策として線間距離を離すと良いことはわかったが、その他に線路が平行して走る長さを短くするとなぜ良いのか考えてみる。

前項の終端された結合伝送線路(RT=∞)の場合、受動側の受信端(x=l)振幅は次のとおりであった。

ここで係数Γは平行線長には関係なく、関係があるのは平行線長に比例する伝搬時間τである。そこで往復時間を短くしていくと、能動側波形v01(t)の立ち上がり時間trより短い場合にv0(t-(2n-1)τ)- v0(t-(2n+1)τ)は下図の左側のようにフルスイングしなくなる。

逆に言えば

 クロストークの振幅は平行線長lが長くなるほど大きくなり、tr=2τとなる長さ l=u*tr/2 で飽和する

ということになる。したがってクロストークを小さくするには、ただ平行線長を短くするだけではダメでこの飽和配線長より短くしなければ効果がないことになる。


[] [] []