1対n配線の終端

[] [] []


1対1配線の終端抵抗は本に説明されているが、

 1対n配線のときはどう終端するのがよいのだろうか

最も簡単な方法は、受信端どうしを近くに置いて1つの受信端と見なせるようにすることである。

しかし、受信端を離して置かざるえないこともある。それぞれの受信端に並列抵抗を入れれば確実に反射をなくせるが、最終的な振幅電圧がR/(2Rout+R)に下がってしまうのが難点。

送信端に直列抵抗を入れる方法は次の2つが考えられる。

まず、1つのRを入れた後に分岐させた場合、

最初の振幅はZ0/(2(Rout+R)+Z0)になるからRは小さくした方がよい。一方、反射波が送信端に戻ってきたときは、

Z0//(Rout+R)の抵抗に見えるから、再反射しないようにするにはZ0//(Rout+R)=Z0すなわちR=∞にしなければならず、最初の振幅を確保することと相反してしまい不都合。

◇◇

別の方法として、分岐させた後にR入れた場合、

最初の振幅はZ0/(2Rout+(R+Z0))だからRは小さい方がよいのは先程と同じ。一方、反射波が送信端に戻ってきたときは、

R+(Rout//(R+Z0))の抵抗に見えるから、再反射しないようにするにはR+(Rout//(R+Z0))=Z0すなわち

とすればよい。これは11のときの終端抵抗(Z0-Rout)より少し大きい値になる。


[] [] []