立ち上がりの遅い波形

[] [] []


ここまで立ち上がり時間は考慮してこなかったが、実際には線路の伝搬時間τと立ち上がり時間tr同程度のことが多いので、

 立ち上がりを遅くすると波形がどうなるか

を見てみる。前項と同様に多重反射の式を使って波形を描いてみると、

tr=0.5τのとき

段差やリンギングが

見える

tr=2τのとき

送信端の段差が

見えなくなる

tr=4τのとき

受信端のリンギングも

見立たなくなる

このように

 立ち上がり時間trが信号の往復時間以上になると反射の影響が目立たなくなる


[] [] []