差動とシングルエンドのインピーダンスの定性的関係

[] [] []


ここで最初のぎもんに戻って、

 差動インピーダンス/コモンインピーダンスは、シングルエンド伝送線路の特性インピーダンスZ0とどういう関係にあるのかを考える

結合伝送線路の信号線1,2を遠くに離すと2本の独立なシングルエンド伝送線路になるので、1,2間の差動インピーダンスはZ0を直列に2個つないだ値になる。

逆に信号線1,2を近づけるとその間の静電容量は大きくなるので、TEM波においてZ0=1/uCであることを思い出せば、信号線1,2間の差動インピーダンスは小さくなるはずである。

同様にコモンインピーダンスは、信号線1,2が十分離れているときはZ0を並列に2個つないだ値になる。

信号線1,2を近づけると両者とGND間のトータルのCは小さくなるので、コモンインピーダンスは大きくなるはずである。

すなわち差動インピーダンス/コモンインピーダンスとシングルエンドの特性インピーダンスには次の大小関係が成り立つ

even/oddモードのインピーダンスで表すと

◇◇

以上の議論は定性的であり、定量的にどうなるのかわからない。そこで次項で差動/コモンインピーダンスを分布定数回路から計算してみる。


[] [] []