補足 - TEM波から分布定数回路の導出

[] [] []


2導体間を伝わるTEM波から分布定数回路を導出する。この計算は「Fields and Waves in Communication Electronics, 3rd ed.(Simon Ram, John R. Whinnery, Theodore van Duzer)よっている。

まず導体1-2間の電圧Vは、電場Eを導体1の表面から導体2の表面までの任意の経路Cに沿って積分して求められるから

すなわVの勾配は磁束の時間変化になる

◇◇

また導体1を流れる電流Iは、磁場Bを導体1を囲むの任意の経路Cにそって積分して求められるから

 

すなわちIの勾配は電荷の時間変化になる


[] [] []