一致検出シンクロナイザ

[] [] []


カウンタ値でない普通の多ビット信号をイネーブルなしで転送したい場合、次のような方法がある。

まず多ビット信号をダブルFFで受けて、このままでは過渡値がサンプリングされてしまうので同じ値が連続したときだけ転送することにすればよい

(この方法は世の中の文献で見かけたことがないので、ここでは一致検出シンクロナイザとよぶ)

過渡値(ハザード)はフィルタリングされるので、多ビット信号(図のdat_a)FF出力でなく組合せ回路出力でもかまわない。また当然のことながら、フィルタ段数(図では2)は、転送元の信号の持続時間よりも十分短くしなければならない。

フィルタリングするという意味で、接点信号などの1ビット信号のチャタリングを除去する回路も同じ考え方である。


[] [] []