非同期クロック間転送方法のまとめ

[] [] []


ここまで出てきた非同期クロック間転送(CDC)の方法を整理しておく。

1ビット信号

CDC転送

ダブルFFシンクロナイザ

ダブルFFで受ける

[]

上位プロトコルの利用

上位プロトコルで転送元と転送先の更新タイミングが重ならないことを保証する

[]

多ビット信号

CDC転送

上位プロトコルの利用

同上

[]

MUXシンクロナイザ

1ビットのイネーブル信号をダブルFFで受けて、これの立ち上がりエッジで多ビット信号を転送する

[]

ハンドシェイクシンクロナイザ

転送元からreq信号、転送先からack信号をダブルFFで転送し、両方がそろった時に多ビット信号を転送する

[]

グレイコードカウンタの利用

1ビットづつしか変化しないカウンタ値をダブルFFで転送する

[]

非同期FIFOシンクロナイザ

非同期FIFOを介して転送する (empty信号を使う)

[]

一致検出シンクロナイザ

ダブルFF で受けて同じ値が連続したら転送する

[]


[] [] []