使用範囲⊆実装範囲

[] [] []


一般に、使用者側から出す仕様に対して、設計される回路の仕様は包含関係にある。デジタル回路の仕様書としては後者を書くべきである。

例1)設定範囲に汎用性を持たせた場合

・設定値は0:1kB, 1:2kB, 2:4kB, 3:8kBがあるが、実際には1kB,2kB,4kBしか使わない。

例2)異常入力に対しても動作するようにした場合

・実際には2ビットの設定値のうち0,1,2しか使わないが、3を設定すると2と同じ動作になる。

・使わないアドレスをアクセスしたとき、ライトには応答し、リードには0を返す。

・受信パケットは周期境界をまたがないように入力されるが、もしまたいだときはそのパケットを受信しない。

設定値の仕様で単に「禁止」と書くと、使用しない約束になっているだけなのか、本当に回路に実装されていないのか、曖昧になるので、次のように用語を使い分けるとよい。

通常

回路に実装されており、使用する。

例外、不使用

回路に実装されているが、使用しない。

禁止

回路に実装されていない。もし使用しても保証しない。

例)

・設定値は0:1kB, 1:2kB, 2:4kB, 3:8kB(不使用)

・設定値は0:1kB, 1:2kB, 2:4kB, 3:禁止


[] [] []