補足−固定小数点型テンプレートの使い方

[] [] []


VivadoHLSの固定小数点型テンプレートは、付属のヘッダファイルap_int.h (ap_fixed.hap_int.hと同じ)を読み込むだけで通常のg++で使える。

 ap_int<int W>                            符号付き整数型

 ap_uint<int W>                          符号なし整数

 ap_fixed<int W,int I>              符号付き固定小数点

 ap_ufixed<int W,int I>            符号なし固定小数点

 パラメータ

  W: 全体のビット幅(max 1024)

  I: 整数部のビット幅

・代入時の量子化モードはデフォルトで切り捨て

・ビットの選択    a[5]

・ビット範囲の選択 a.range(7,4)

・連接 (a,b)

・左シフト時の注意:シフトしてから代入するので上位ビットが失われる

 例) ap_int<8> a8, ap_int_<4> a4=0xfのとき

   a8 = a4 << 2;                       // 00001100 = 1111 << 2

      a8 = (ap_int<8>) a4 << 2; // 00111100 = 00001111 << 2


[] [] []